TOEICで高い点数を取るために|未来EIGO習得

本格的に英語を学ぶならスクールを利用する

英語を勉強

多様なTOEICの対策方法

昨今の日本では、働くにあたり英語を使えるかどうかは、選択できる職種や収入に非常に大きな影響を与えるポイントであり、その英語力をはかるためのテストがTOEICである。企業などでも「TOEIC750点以上」などを条件に募集をかけるところもあるほど浸透しているといえる。それに伴い、TOEIC対策に焦点をあてたサービスも様々なものが出ている。書店ではリスニング対策のCD付きの教材を買うことができるし、インターネット上から教材をダウンロードし、TOEIC対策ができるサイトなどもある。また、スマートフォンなどでTOEIC対策用のアプリなどを購入し、単語や熟語をいつでも勉強できるものなどもある。また、英会話教室などでTOEIC対策を行っているところもあるが、TOEICには基本的にはスピーキング力は必要ないため、そのためだけに英会話教室に通う人は少ないようである。

どの方法が一番安く済むか?

TOEIC対策にかかる金額については、その人の元々の英語力や目指す点数によって異なってくるため一概には言えないが、安く手軽な順番で挙げていけば、スマホなどのアプリ、書店などの教材、インターネット教材、英会話塾、という順番になるであろう。スマホなどのアプリは0円からと安価で単語や熟語をスキマ時間に勉強できるという利点はあるが、文法などを本格的に勉強するには向かない。それに対し書店やインターネットで教材を購入すると、リスニングなども含めて網羅的な勉強をすることができる。価格は数千円から1万円くらいと少し高くなる。一番高くつくのが英会話教室でTOEIC対策のコースに申し込む方法であり、数万円はかかってしまう。ただし、生の人間が教えてくれるうえ、すぐに質問できる環境にはあるので英語がかなり苦手な人には良い方法といえよう。

Copyright© 2015 TOEICで高い点数を取るために|未来EIGO習得All Rights Reserved.