TOEICで高い点数を取るために|未来EIGO習得

本格的に英語を学ぶならスクールを利用する

小学校からの教育

小学校からの英会話教育が決まっている

世界でも日本人ほど英語教育に時間を割いているのに英会話が話せない国はありません。日本の英語教育は読み書きや文法に力を入れており、聞き取りや英会話に力を入れていなかったのが原因です。グローバル社会の進展を見据えて漸く行政サイドも重い腰を上げて、小学校から英会話教育の導入を決めています。語学は音楽と同様耳から覚えなければなりませんので、出来るだけ早く始めることが重要です。従来は小さい頃から始めるためにはスクールに行くしかありませんでしたが、小学校からの教育が始まれば親の負担が少なくて効果を上げることに繋がった行きます。今後の課題は如何に正しい英語を発音するネイティブを全国の小学校に揃えることが出来るかということです。

学校教育であまり差が出来ないようにすること

義務教育の小学校から英会話を導入するので、日本語を話すようになることが理想です。勉強を数るような教え方になると英会話を嫌いになる子は取り残されてしまう可能性があります。日本人が自然と日本語を話せるように小さい頃は英語に親しむというカリキュラムを組むことが重要です。小さい時に英語を嫌いになるようでは折角導入した制度が破綻するといっても過言ではありません。明るいネイティブの先生が子供たちの興味を引くような教え方が出来るかどうかが鍵を握っています。ネイティブの先生も子供たちとのコミュニケーションが必要ですからある程度は日本語を理解しなければいけませんが、あまりすらすら話すより、たどたどしい方が子供にとっては英会話の学習に向けて余裕を感じさせることになるかもしれません。小さな時からの英会話教育には期待がかかっています。

Copyright© 2015 TOEICで高い点数を取るために|未来EIGO習得All Rights Reserved.